EFC Blog

「2014年12月」の記事

山岳フォーラム2014年

投稿日:2014年12月19日

今年も11/29(土)~30(日)に長野県松本市で行われた山岳フォーラム2014に出展いたしました。今回は、仮設トイレメーカーである日野興業さんと一緒に出展しました。日野興業さんのパネル式仮設トイレをほっ!トイレと組み合わせて使用すると電気や水道がなくてもすばやく設置、移動や撤去も簡単にできるので山岳トイレとして最適です。パネル式仮設トイレは、各パネルを組み立て、ビス止めすることで容易にトイレブースが組み立てられ、アンカーなどで固定することにより山岳天候の悪化による強風などにも持ちこたえることができます。更衣室としても安心して使用することができます。


Forum for Mountain, 2014
November 29 and 30 in 2014 We had participated in a forum for mountain climbers held in Matsumoto, Nagano and displayed our products in the exhibition. In the exhibition, we cooperated with Hino Kogyo which manufactures panel booths for temporal houses. They produce plastic-made box shelter as well which can be a suitable shelter to be set in mountain areas because they are easy to be built and move. They can be easily assembled without many tools and actually very firm and durable in bad weather such as storm. Ho! Toilet was displayed with this shelter as cozy and clean toilet facility in the place where there is no water and electricity.

涸沢プロジェクト第2弾 2014年

投稿日:2014年12月19日

今年も2014年9月20日(土)~9月22日(月)涸沢において、ほっ!トイレ(簡易トイレ)実証試験を行いました。今回は。キャンプサイトのメインストリート脇の目立つ場所と、奥まった藪の中と2箇所を交互に実験いたしました。当初、メインストリート沿いの目立つ位置での使用には女性は特に抵抗があると想像しましたが、結果はむしろ積極的にご利用いただけるなどの傾向が見られました。また、着替えをしたいという女性の方もいて、大変好評でした。ほっ!トイレは、処理後の糞便袋がテント内にあっても全く臭気が気にならないと使用した方からの感想でした。今後は、パネル式の仮設トイレブースの組み合わせなどでテント場などでもトイレ、更衣室として安心して使用できるようなトイレシステムを山小屋さんに紹介していきます。


Karasawa Project Vol2, 2014
As we did last year, we again conducted research on the use of Ho!Toilet in Kawakawa this year. We set two tents along the mainstream and in bush. Although we supposed the tent along the main street must be avoided by women as the place was surrounded by more people, it was actually used frequently by women. Some of them said the tent was useful as a space for changing clothes. The user of Ho! Toilet gave comments that they didn’t feel any bad smell from the toilet and the waste. We plan to continue this project in Kawakawa and other mountain and hiking areas with firmer set up like box shelter.

富士山プロジェクト

投稿日:2014年12月19日

2014年7月1日~7月15日、9月14日に富士山の山梨県側の富士吉田ルートにおいてほっ!トイレの無償配布を実施しました。期間中全量で12,000個ほど配布しました。山岳地域でのこれ大々的に携帯トイレの配布を行った例はなく、山岳地域での携帯トイレ普及への大きな第一歩となるプロジェクトです。富士吉田口の5合目山道入り口での入山料徴収と同時にほっ!トイレを配布し、下山した方でほっ!トイレを使用した方は、富士吉田口の5合目での回収となります。
今回の富士山プロジェクトでは、山梨県庁の方が処理後袋の回収時にアンケートを実施。
アンケートでは、下記のご回答を頂きました。
 携帯トイレの必要性  必要 76%
 使用方法について よく分かった 89%
 臭気について  気にならなかった 95%
また、大変に驚くべき事実は、処理後の袋が山道途中にポイ捨てされることが1件もなかったことです。
今回の携帯トイレ配布事業は、初年度とはいえ、富士山のトイレ、環境の改善に大きく寄与した事実が確認されました。
来年度にも向けて、さらにプロジェクトを推進してまいります。


Mt. Fuji. Project

From July 1 to 15, and on September 14 in 2014, we provided “Mt.Fuji Toiltet(portable eco-toilet)” for free at a spot in Fuji Yoshida route of Mt. Fuji. During that period, 12,000 toilets were given to mountain climbers. The mountain climber is asked to the charge to enter the mountain at the spot (halfway) in the route and gave a set of toilet. Then the wastes were collected at the same spot.
To evaluate this first attempt, Yamanashi prefecture conducted questioner survey and received answers from those who used the toilet.

Q. Do you think the portable toilet is necessary in the mountain?
A. Yes (76%)
Q. Do you understand how to use the toilet?
A. Yes. (89%)
Q. Did you feel any bad smell when you used the toilet?
A. No (95%)
 
It is remarkable that there was no one who left the waste in inappropriate place. This attempt actually revealed that the provision of portable toilets can contribute to the preservation of environment.
 
This is actually first attempt to promote and diffuse portable toilets in mountain areas and will be a bigger project in many more areas in the future. We plan to expand this project next year.

ブログ内検索

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー